心理カウンセリング


人は誰しも、時にふと立ち止まり、悩んでしまうことがあります。

文化や言葉の異なるドイツでの生活では、普段以上に、寂しさを感じたり、戸惑いを覚えがちになります。
そんな時、ひとりで立ち止まるより、誰かと話をすることで、こころが穏やかになり、気持ちが整理されていくものです。

心理カウンセリングの進め方

心理カウンセリングとは、問題解決へ向けたクライエントとカウンセラとの会話です。

まずは、クライエントのお話を傾聴し、時に、ご質問をさせていただきながら、お悩みの全体像を把握します。
お悩みの本質を明確にし、クライエントが、問題解決に向けての長期目標、そして、まず明日から、何に取り組んでいくか
短期目標を設定するプロセスを支えます。カウンセラーはクライエントの「気づき」と「自己成長」を援助するサポート役です。

対応可能な相談内容

  • ストレス
  • うつ・落ち込み
  • バーンアウト (燃え尽き症候群)
  • 意味喪失感無気力感
  • 自分に自信が持てない
  • 人生の危機的状況 離婚、失業、喪失感、モーニングワ
  • 対人関係 夫婦間、職場・仕事、学校、いじめ)
  • 誰かに聞いてもらいたいこと
  • 化適応に関する問

上手にお話いただかなくても、大丈夫です。まずは、ご自分のペ-ス、言葉で語ってください。

こころの病
は誰でもかかる可能性があります。
これは心身が発する
SOSサインであり、少しでも早くそのサインに素直に耳を傾けることが大事です。

こころの悩みは、適切な対処法を身に付け、対処することによって治癒が促進され、再発予防も可能となります。

*診断や処方、診断書の作成は医師のみが行うことができるものですから、 カウンセラーが行うことはできません。
  また、法律的な相談は行えません。